マイティ―シート

特徴

 マイティーシートは耐久性・耐候性に優れたPET樹脂製の防草シートです。PET樹脂製は、他のポリプロピレン(PP)等と比較して耐久性・耐候性に優れ、高速道路の法面などの公共工事で採用されています。マイティーシートは繊維業界大手の蝶理株式会社様(東証1部)の独自技術により耐久性・耐候性・遮光性を維持し、これまでの価格を大幅に低減することで開発されました。現在大手メーカーが販売するPP(ポリプロピレン)製のシートより安価で耐久性が増した防草シート(マイティーシート)のご提供が可能となりました。当社ではマイティーシートを2020年より国内で総代理店として主に太陽光関連事業者様を中心に販売しております。

ラインナップ

マイティ―シートには、通常パネル用と両面発電パネル用の2種類がございます。

品名マイティ―110マイティ―150
主原料PET樹脂PET樹脂
遮光率  99.98% 99.98%
 推奨太陽光モジュール通常モジュール 両面発電モジュール 
 色黒 白/黒 

マイティー110

マイティー150

素材と耐久性

流通している防草シートの素材は、3種類あり①ポリエステル(PET)②ポリプロピレン(PP)、③ポリプロピレン添加剤入りです。下の表から分かるようにポリエステル(PET)はポリプロピレン(PP)の違いは融点の高さにあります。融点とは、素材が溶ける温度のことで、実際に溶け出すのは常用耐熱温度です。ポリプロピレン(PP)の常用耐熱温度は約100℃です。防草シートの多くは黒に近い色をしているため真夏の炎天下では金属の架台と接することにより温度は約80℃以上にまで上昇することがあります。このように80℃まで上昇すると、ポリプロピレンでは溶け出さないまでもポリプロピレンの耐久性に影響が起こりはじめます。マイティーシートは常用耐熱温度及び融点の高いポリエステル(PET)を採用しています。

設置事例のご紹介

設置商品:マイティー110
杭:スクリュー杭
設置後経過年数:約5年

設置事業者様へのインタビュー

Q.設置後のマイティーシートはいかがでしょうか?
A.設置後5年経過したが、防草シート自体に劣化や品質低下による破れはありません。

Q.設置後にメンテ等されていますか?
A.大きく2つ作業しています。
①防草シートを止める杭や架台の杭などの隙間から草が出てくることがあり、その際は定期的に草を抜いています。
②スクリュウ杭が浮いてくることがあり都度ハンマーで杭を叩いて杭を沈めています。(年に3回程度)

Q.その他ご意見あれば教えてください。
A.太陽光発電を購入してから何回か自分で除草したが、思った以上に重労働でした。防草シートを敷いてからは管理がすごく楽になりました。防草シートを敷くことはおススメです。
推奨のスクリュー杭が高いなぁーと思っていたが、風や霜により、防草シートごと杭があ浮き上がってくるのにはビックリしました。スクリュー杭で施工して良かったと思っています。